UVケア 「日焼けを悪化させる食べ物とは?」

日焼け止めでは防ぎきれない……食べ物で中からケアしましょう!

紫外線を日焼け止めで無くすことはできません。
日焼け止めとは細胞への攻撃を無効化するものではなく、
皮膚にカバーをかけることによって日焼けの時間を遅らせるもの。

日焼けを促進させる物質「ソラレン」

「光毒性物質」と呼ばれる成分を含む、ソラレンがその鍵を握っています。
「光毒性物質」とは、日光など光を浴びると紫外線に過敏に反応し、
肌にダメージを与えてしまう物質のこと。

外出前は×!ソラレンを多く含む食べ物
  1. レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類
  2. きゅうり
  3. セロリ
  4. パセリ
  5. シソ
  6. 三つ葉
  7. いちじく
  8. キウイ
  9. アセロラ

など。

 ソラレンは夜に摂りましょう!

柑橘類は美肌作りには欠かせない、ビタミンCを多く含み、
胡瓜やセロリは上がりすぎた体温を冷やし、
シソや三つ葉などの香菜類も夏バテ解消の強い味方なので、夜に摂るようにしましょう!

ソラレンの働きは、摂取してから約2時間ほどでピークを迎えます。
その後は徐々に衰えていき、持続時間は7時間程度。

 

 

 

 

 

 

次回は、日焼けの予防・ケアに役立つ食べ物とは?

 

Follow me!