「身体によい砂糖選ぶ」

 

『白砂糖』が身体によくないってご存知ですか?

白砂糖は体を冷やしたり、低血糖を引き起こしたりとリスクの多い砂糖です。

そこでおすすめなのが、「てんさい糖」「きび砂糖」「黒砂糖」といった「身体にいい砂糖」です。

 

「種類」

一般的に砂糖と呼ばれているものには、「さとうきびを原料」としたものと、

「砂糖大根(ビーツ)」を原料としたものの2種類があります。

 

<さとうきびから作られる砂糖は、体を冷やす>

 

 

 

 

さとうきびから作られる砂糖には、上白糖、三温糖、グラニュー糖や、

ミネラルが豊富な、きび糖や黒砂糖などがあります。

しかし体を冷やす作用があるので、冷え症や低血圧症の方にはお勧めできません。

 

<砂糖大根から作られる砂糖(てんさい糖)は体を温める>

 

 

 

 

砂糖大根(ビーツ)から作られる砂糖は「てんさい糖」一つしかありません。

砂糖は暖かい土地で作られるイメージがありますが、

てんさい糖は北海道などの寒冷地で栽培されています。

そのため、一般的な砂糖と違い体を温める作用があると言われ、

体が冷えやすいと感じている方や妊活中・妊娠中の方は、てんさい糖を選ぶことをおすすめします。

またてんさい糖にはオリゴ糖も含まれているので、お腹にも優しい砂糖といえます。

 

「選別」

<完全に精製されていない砂糖を選ぶ事!>

砂糖を作る過程で不純物を取り除き、甘みだけを抽出する作業を精製と言います。

砂糖には精製されている物とそうでない物の2種類があり、体に与える影響もそれぞれ異なります。

 

<精製された砂糖は、低血糖が起こりやすい>

上白糖やグラニュー糖、三温糖などの精製された砂糖は、消化や吸収が早い分エネルギーの消耗も早いので、血糖値を激しく上下させる傾向にあります。

その結果、すぐに糖分を摂りたい衝動が抑えられず、イライラして怒りやすくなったり低血糖を引き起こしたりする可能性があるのであまりおすすめできません。

 

<精製されていない砂糖は、血糖値を安定させる>

・きび糖や黒砂糖、てんさい糖などの精製されていない砂糖は、消化や吸収が緩やかで血糖値の上下も少ないのが特徴です。

・その結果、砂糖の量が少なくても血糖値を安定させるので、穏やかな気持ちで過ごすことができる効果があるといわれています。

 

<ミネラルが豊富な砂糖を選ぶ!>

ミネラルが豊富に含まれている砂糖と言えば「黒砂糖」「きび糖」「てんさい糖」があげられます。

このミネラルという栄養素は体の調子を整えるためにとても重要で、不足すると肌荒れや貧血、ホルモンバランスの崩れなどを引き起こすこともあります。

体にいい砂糖を選ぶなら、上白糖などのミネラルが含まれていないものより、黒砂糖やてんさい糖を選ぶ方が体にいいといえます。

てんさい糖に含まれるオリゴ糖が腸内のビフィズス菌の栄養源となり腸内環境を整えますので、便秘の解消になり腸が健康になることで美肌効果も期待できます。

また、血糖値を上げにくくする性質があり、ダイエット効果も期待できます。

 

<ミネラルとオリゴ糖を自然に補うことができる優秀な砂糖>

 

 

 

 

北海道で作られるてんさいを100%使用したホクレンのてんさい糖。カルシウムやリン、カリウムなど多くのミネラルが体の調子を整えると共に、年を重ねる度に減少するビフィズス菌の栄養となって活性化させる役割を果たしてくれる優秀な砂糖です。

また、この商品の原料であるてんさい糖は身体を温める作用があるので、冷え症の方や妊娠中の方だけでなく健康な体を維持したいと考える方全ての方にお勧めです!

 

 

 

 

 

Follow me!