紫外線(UV)対策の食事方法

「日焼けの素となる紫外線。気をつけるべきは二種類の波」

 

紫外線は3つの種類に分かれます。

 ・UVA(A波)シミやシワの原因となる

 ・UVB(B波)メラニン色素を刺激し肌を黒くする

 ・UVC(C波)

の3つで、このうち地上に届くのはA波とB波の2つです。

 

<日焼けを促進させる光毒性物質「ソラレン」>

光毒性物質』日光など光を浴びると紫外線に過敏に反応し、肌にダメージを与えてしまう物質の事。

・ソラレンを含む食べ物を食べてから外出すると、日焼けしやすくなってしまいます。

 

・レモンなどの柑橘類は、ビタミンCを豊富に含むため、基本的にはお肌の強い味方です。

しかし厄介なことに、ソラレンを多く含む食べ物には、ビタミンCを多く含む食べ物が比較的に多いです。

 

・ソラレンの働きは、摂取してから約2時間ほどでピークを迎えます。

その後は徐々に衰えていき、持続時間は7時間程度。

・一方、紫外線の強い時間帯は、10時〜14時がピーク。

こちらもその後夕方にかけて落ち着いていきます。

・外出前は、なるだけ食べるのを避け、夕方~夜にかけて摂取がベスト!

 

<ソラレンを多く含む食べ物>

柑橘類、無花果、アセロラ、胡瓜、パセリ、紫蘇など

 

<日焼け予防に効果的と言われる栄養素>

・ビタミンA,ビタミンC、ビタミンE「ビタミンACE(エース)」と呼ばれている。

3つを組み合わせる事で、肌を美しく保つ効果がアップする。

 

・ビタミンA「脂溶性ビタミン」:表皮細胞の分化に働く。ニキビ跡の修復に最適!

動物性の食品に含まれる『レチノール』と、

主に植物性の食品に含まれる『プロビタミンA』α-カロテン・β-カロテン・β-クリプトキサンチン)」の2種類があります。

 

 

 

ビタミンA,ビタミンC、ビタミンE「ビタミンACE(エース)」と呼ばれている。

3つを組み合わせる事で、お肌を美しく保つ効果がアップするのです。

Follow me!