オリーブオイル

主な栄養素

・オレイン酸  オメガ9系脂肪酸 (一価不飽和脂肪酸)

・ポリフェノール、ビタミンA、ビタミンE

 

栄養効果

「オレイン酸」

・美肌(ニキビ、シミ、シワ、たるみの予防・改善)

 

「ポリフェノール」

・抗酸化作用、アンチエイジング

 

効能

・美肌(オレイン酸)

・ダイエット(血糖値の急上昇を防ぐ)

 

「特徴」

多くの植物油は、リノール酸」(多価不飽和脂肪酸)を多く含んでいます。

「オレイン酸」(一価不飽和脂肪酸)を多く含んでいるのはオリーブオイルのみです。

オリーブオイルと、他の植物油との大きな違いは、ここにあります。

 

美肌

肌のハリやツヤなど美肌に関係する「皮脂」の半分は「オレイン酸」で出来ています。

30代になると急激にこのオレイン酸が減ってしまい、乾燥状態になり、ニキビ、しわ、たるみの原因になります。

意識的に、オルレイン酸を含むオリブーオイルで補足する事が大切になってきます。

 

アンチエイジング

オリーブに含まれるビタミンE、ビタミンA、ポリフェノールは抗酸化作用が高く老化を防ぐ効果があります。

老化というのは活性酸素という、体内を錆びつかせる成分が原因で起こるといわれており、シワやシミ、乾燥肌などのトラブルのもとです。

この活性酸素を抑制する、抗酸化作用の強いオリーブを摂取することで、アンチエイジング効果が生まれます。

 

ダイエット効果

オリーブオイルに含まれるオレオイルエタノールアミド、オレイン酸、食物繊維がダイエットの強力な味方になってくれます。

オレオイルエタノールアミドは、満腹中枢を早めに刺激してくれる効果があるので、食べ過ぎをおさえることが出来ます。

油とは脂肪酸の集まりですが、その油の中に含まれる脂肪酸の種類によって痩せやすい効果を持ちます。

中でもオリーブオイルに含まれる不飽和脂肪酸には、老廃物を溜めにくい体を作る働きがあります。

不飽和脂肪酸の中にはオメガ9とオメガ3と呼ばれる種類があり、そのオメガ9であるオレイン酸はオリーブオイルに非常に沢山含まれます。

オレイン酸の割合はオリーブオイル全体の約70%を占め、その含有量は他の油脂よりもずば抜けて高いことが特徴です。このオレイン酸ダイエットに良い働きをします。さらに、食事から摂取した糖分はインスリンによって脂肪に変換されますが、オレイン酸はインスリンを抑える効果を持っています。そのため痩せやすい体作りを助長してくれます。

糖質と一緒に摂るだけで、血糖値の急上昇を抑えられる!

他にもオレイン酸には水分と結びつきやすい作用があり、便を軟らかくするため便秘に効きます

1つ注意して頂きたいのは、カロリーという点だけで見るとオリーブオイルは1gあたり約9kcalあり、他の油と何も変わりません。よって、摂り過ぎてしまうと太ります。

痩せやすい体を作るためには適量を心掛け、他の油をオリーブオイルに置き換えるなどして日常に取り入れるようにしましょう。

 

パンやパスタなどの「糖質」にExオリーブオイルを加える事で、

血糖値の上昇が抑えられます。

そのままスプーン1杯で飲むのもお勧めです。

選ぶ

その品質には拘る必要があります!

高品質で加熱処理のされていないもの(コールドプレス)

エキストラバージンオリーブオイルのみに限ります!

 

「お勧め」

・エーゲの輝き

たまな商店

http://qualitylife.co.jp/contents/nomuoliveoil/

Follow me!