牛肉

牛肉に含まれる「タンパク質」とは?

牛肉に含まれる「動物性タンパク質」には、体内で作ることのできない「必須アミノ酸」がバランスよく含まれています。

この必須アミノ酸(8種類)のうちどれか1つが欠けてしまうと・・・重大な栄養障害を引き起こす可能性も。また、植物性タンパク質よりも体内への吸収率が高いとされています。

 

牛肉のタンパク質【美容】

3大栄養素の1つ「タンパク質」は血液や皮膚、内臓などからだを作るうえで欠かせない栄養素です。

皮膚だけでなく、毛髪や爪など周期的に生まれ変わるものにとっても欠かせません。
また、肌にはりを与えることで知られるコラーゲンもタンパク質の一種です。

 

牛肉のタンパク質【健康】

タンパク質が不足することで体力がなくなり、いざという時の踏ん張りがきかなくなります。

病気に対する抵抗力(免疫体)が作られないため、病弱な体になる・・・という可能性も否めません。

また、傷の回復が遅くなるといった症状もみられます。

 

牛肉を食べて「貧血予防」

血液の成分(ヘモグロビン)を作るために欠かせない栄養素「鉄分」・・・ですが、私たちの体内で作ることは不可能です。

よって、食事から鉄分を摂取しないと貧血になってしまう可能性も。

そんな貧血予防に効果的なのが、牛肉や豚肉といった食肉に含まれる「ヘム鉄」です。

野菜や海藻に含まれる鉄分(非ヘム鉄)に比べて吸収率が高く、その差は約10倍とも言われています。

貧血、冷え症の改善

 

牛肉でキレイになれる

牛肉にはビタミンB群が豊富に含まれています。

中でも、「美容ビタミン」と呼ばれるビタミンB2は女性が喜ぶ効能ばかり。

顔のTゾーンが脂っぽいにも関わらず、他の部分は乾燥している・・・という場合、ビタミンB2不足が考えられます。

また、脂肪の燃焼に欠かせないビタミンB2が不足すると、脂肪太りを招く可能性だってあります。

スキンケアやダイエットなど、美を追求する女性にとってビタミンB2は欠かせません。

他にも「造血ビタミン」と呼ばれるビタミンB12には、顔色をよくしたり髪の毛を艶やかにする作用があります。

ダイエット=サラダだけでなく、牛肉や豚肉といった食肉も忘れずに・・・。

 

牛肉とコレステロールの意外な関係

3大成人病の大敵・・・というだけに、コレステロール=体に悪いというイメージを抱いていませんか? 

しかし、私たちの体にとっては必要不可欠な物質でもあります。

脂肪の1種として知られるコレステロールはホルモンや胆汁酸(脂肪の消化液)、

ビタミンDなどの原料にもなる大切な成分です。

また、牛肉や豚肉といった食肉に含まれるコレステロールはさほど多くありません。

とは言っても、食べすぎ・・・いわゆる過剰摂取は禁物。適度な量とバランスの良い食事を心がけましょう。

Follow me!