「レモン」

【主成分】

・ビタミンC
・クエン酸
・ポリフェノール

 

【アンチエイジング】

レモンの皮と実の間の白い部分にある、エリオシトリン(ポリフェノール)は、
老化、病気の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

 

【美肌】

レモンのビタミンCは、柑橘類トップの含有量を誇ります。

ビタミンCにはメラニン色素を減らす効能や抗酸化作用があり、肌のシミやソバカスを防ぐ美白や美肌効果があります。

他にも、血管を強化する働きや、ガンや動脈硬化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

 

【疲労回復・艶髪】

レモンの効能に疲労回復があると言われるのは、クエン酸がエネルギーを生成するからです。
クエン酸はTCAサイクル(クエン酸回路)と呼ばれる、体内でエネルギーを生産をする働きを活発にして、脂肪や乳酸を分解しエネルギーを生み出します。

運動などカラダを動かし続けていると、TCAサイクルの働きが低下してきます。疲れた時に酸っぱいものが食べたくなったときは、自然とカラダがクエン酸を欲しがっている状態です。疲れている時は酸味を感じにくいと言われています。

 

【ダイエット・むくみ改善】

クエン酸は体内のエネルギー代謝を促します。
代謝が良くなると、血行も良くなるため、むくみも改善されます。

 

【ミネラルの吸収を促進】

クエン酸には、鉄分やカルシウムなどのミネラルを吸収しやすくし、骨や細胞の老化を予防する「キレート作用」という働きがあります。

 

【リラクゼーション】

レモンの精油成分(香り成分)にはリモネンやシトラールが注目されています。

特にリモネンの香りを嗅ぐと脳内でα波がでることから、リラックスをさせてくれる効能があります。一方、気分をスッキリさせたりリフレッシュさせる効果や効能もあるため、ストレスの解消にも優れています。

精油成分は特に皮に多く存在します。リモネンの効能を得るためにも皮は捨てずに利用しましょう。

 

【摂取方法】

レモンは光によって活性化される物質、ソラレンを含んでいます。
ソラレンは紫外線を感受してメラニンの生成を促してしまうので、朝紫外線を浴びる前にレモンを摂取すると、シミができやすい状態になってしまう為、レモンは夜に摂取しましょう。

 

レモン酢は「天然の若返りドリンク」

レモンの輪切りを酢に漬ける「レモン酢」

酢には、体に必要なすべてのアミノ酸が含まれています。

アミノ酸は、私たちの体を構成する、たんぱく質の材料になるものです。
細胞も筋肉も、すべてアミノ酸からできているのです。
食品でアミノ酸を補給することで、健康が維持され、免疫細胞も活発に働くようになるのです。

 

レモンのクエン酸と、酢のアミノ酸を一緒に取ることで、クエン酸の抗酸化作用が高まることが知られています。
レモン+酢+はちみつ

また、レモンにも酢にも、代謝を促進させる効果があるため、その相乗効果が期待できます。レモン酢はまさに、「天然の若返りドリンク」といっていいでしょう。

 

https://kenka2.com/articles/152

https://ryoko-club.com/food/lemon-effect.html

【レモンメニュー】

Follow me!