花粉アレルギー対策

花粉アレルギー対策のカギは「腸」にあり!

花粉アレルギーが起きた時、体内には「ヒスタミン」などの化学物質が分泌され、これが鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみといった症状を引き起こしてしまいます。

つまり、花粉症を和らげるためには、アレルギーを緩和し、ヒスタミンなどのアレルギー物質の分泌を抑える必要があるのです。

アレルギーと関係の深い免疫機能。その免疫機能の60%以上が腸に集中していると言われています。

免疫機能と関係の深いアレルギーを緩和するためには、私たちの腸内に住む「善玉菌」を増やし、腸内環境を整えることが大事です。

善玉菌とは、乳酸菌やビフィズス菌など、私たちの健康を保ってくれる菌の事です。

乳酸菌やビフィズス菌を含んだ「乳酸菌生産物質」摂り続けると、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることができます。

 

花粉アレルギーを悪化させる食品

花粉症を緩和するなら、お肉とお酒は控えめに!

悪玉菌は大腸菌など、体に対して有害な物質をつくる腸内細菌です。

脂肪分を摂り過ぎてしまうと、消化しきれなかった脂肪分が悪玉菌を増やしてしまいます。

悪玉菌が腸内で増えると善玉菌が減り、結果的に花粉アレルギーが発生しやすくなります。

 

①トランス脂肪酸の含まれる脂質

トランス脂肪酸は、肥満、免疫力の低下、動脈硬化、ガン、不妊、アトピー、花粉症などの原因になると言われています。

 

②動物性タンパク質

摂り過ぎるとからだに負担がかかり、消化も悪くアレルギーを起こしやすくしてしまいます。

 

③アルコール

アルコールが肝臓で分解される時に出る「アセドアルデヒド」がアレルギーを悪化させてしまう可能性があるからです。

 

花粉アレルギー対策食材

①乳酸菌生産物質(ヨーグルトの約1000倍の乳酸菌を含有)
乳酸菌には整腸作用があり、腸内環境を整え、免疫力を強化し、花粉アレルギーを予防します。
毎日摂り続け、体質を改善する事が大事です!

 

②キムチ、味噌などの発酵食品

乳酸菌を含んでいるので、日常的に食べるとアレルギーを和らげる効果が期待できます。

 

③善玉菌のエサになる食物繊維(根菜類)、オリゴ糖、きな粉など

 

④ヒスタミンの分泌を抑える「甜茶(てんちゃ)」

 

生活習慣を変えるのには時間がかかるように、体質を変える事もある程度時間が必要ですので、

早めの対策を心がけましょう。

 

 

 

Follow me!